映画業界への転職、理想と現実とを把握したうえで飛び込みましょう!

映画業界へ転職したい場合、一般的に公開することは殆どなく大変人気もあるため転職エージェントに依頼してもすぐに求人は見つかることはなく、あってもすぐに決まってしまうことが多いです。そんな場合はエージェントに求人があったときは直ぐにでも連絡を入れてほしいと事前に頼んでおくと良いです。

エージェントでは、担当した人の転職が無事に決まったときに転職先の会社から金額をもらえるシステムなので、本気で映画業界へ就職したいと伝えることで教えてもらえます。

映画業界での中途採用は、殆どは経験者が採用されます。他の業種からの転職はかなり難しいです。映画会社は即戦力を求めています。その理由は退職者した人の穴を埋めるための募集が多いためで即戦力にならないと業務にも影響が出ます。

他の業種や業界からだだと自分がこの業界でどの仕事をしたくて、どの会社に勤めてそれを実現したいかなどを明らかにしてそれに関して準備をしておかないと大変厳しいといえます。例えば外資系だとビジネス英語のスキルが必須で、宣伝関係だと業界に関係なく一度宣伝の仕事をやってみて実践をしておく方がよいです。

ただ単に面白そうだから映画業界に転職したいという軽い気持ちだけで何の準備をしてないと、希望をしても実際に就職するのは難しいです。どの分野で働くか迷っているときも映画に関したことを何でも良いので行ってみることが大切です。それを続けていくうちに本当に自分の働きたい分野も見えてきますし、関連のことをしておくことで仕事に関してのオファーがくることもあります。